FROM MY BOTH HANDS


写真家 後藤悠樹のブログ http://goto-haruki.com/ サイト内の写真などは無断転載転用絶対禁止です
by harukyung
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

PROJECT“OTOSHIMAE #1

PROJECT“OTOSHIMAE #1“

実は、先日の札幌展では作品の販売もしていました。どっこにも記載していなかったので、お客さんにはだーれも販売しているとは、知られませんでした。

が、会期中お一人の方が、「あれからちょっと考えてみたのだけど、、、こちらの写真を譲っていただけないでしょうか。」と、声をかけてきてくれました。その方は会期中初めにご来場下さり、ちょうど、展示した写真に写っている町に、生まれ育った方でした。(ポストカードにもなっている橋の写真の町)

数十年の時を隔てて、その方が当時何度も通った橋を私が撮影し、写真展にて、またその方の前に巡り会う瞬間は不思議な感覚で、何とも言えない時間を過ごせました。

それから私はその方に作品を制作し、発送しました。すると昨日、家に帰ると一葉の写真はがきが届いておりました。写真面はユジノのコムニチェーチスキー通り(旧・神社通り)の街並み。文面にはこう書かれておりました。

”先日は貴重な作品に無理をきいていただき、送っていただき、嬉しく、近くの同郷の友人と60余年を語り合いました。85歳の老人ですから・・・想像下さい。”
そして、同郷の同窓会が近々あるらしく、こうも書かれていました。
”皆さんに見せ・・・あれこれを語り合い、出てこられない友人には、訪ねて行きます。”
ちなみにこの同窓会は、会員がすでにかなりの高齢となったため、次回が最後の開催となるらしいです。間に合えて良かったと思います。

そして、ハガキのはじっこには、最後に書き足したように、こうも書かれておりました。
”このハガキは20年前故郷訪問の時の一枚です”
20年前彼は、やっと訪れた故郷で、どんな思いでこのはがきを購入したのでしょうか。そして、どんな思いでその後20年間も大切にしまっておいたはがきを、使ってくれたのでしょうか。

こうゆう話しも、きちんとまとめていきたいです。
長い目でとらえた時代や、写真に写す際の一瞬のシャッタスピードでさえも、僕らはいつの時も、目の前にある、そのときその時に去っていく世界や人々を見送りながら、また、新しい世界を迎えているのではないでしょうか。
今は、世の中は経済の話しばかりだけれども、やっぱり、美しい生き方に触れていたいです。
[PR]
by harukyung | 2014-04-18 19:10 | PROJECT“OTOSHIMAE

PROJECT“OTOSHIMAE

PROJECT“OTOSHIMAE #0“

2014年1月初旬。かねてからライフワークとして携 わっていた、樺太・サハリンに落とし前をつけさせ ていただく事を決めました。その落とし前とは、現 在サハリン各地に在住する一世約50名を全員撮影 し、文章とともにきっちりまとめる。というもので す。形としては、出版考えてます。自費じゃなく て。

正直、2013年冬にサハリンへ滞在する前から、今回 の撮影が終わったらしばらくはまともに働こうと考 えていましたが(その準備も色々していた。)昨年末 に不思議なご縁でとある尊敬&敬愛する方に出会 い、初めて飲んだときにこう言われました。

『おめぇよぉ、樺太のおばーたちにしっかり落とし 前つけてやれよ!50名全員撮ってこい!』 その言葉をいただいて、全員撮影という発想のかけ らも無かった自分は、ズボガーンと衝撃を受けまし た。まして、その方は自分の価値観を形成した数多 くの作品に深く携わっていたので、その衝撃もひと しおでした。

そして、その方はこうも言いました。 『お前が落とし前つけたら、オレも落とし前つけて やるからよぉ。』

しばらくは、本気に考えませんでした。でも、年末 年始ぼさーっと過ごしていると、自分の直感がやろ うと言い出しました。ということで、今年は落とし 前の年と、決めちゃいました。 そんなこんなで、一度決めちゃうと、不思議なこと に、いくつかのグループから共同プロジェクトにし ようと、提案いただきました。タイミングさえよけ れば、なんと、ちゃんと仕事になりそうです。

今年は自分が写真家として、ひとつのピークです。尊敬&敬愛する方とかっこいい仲間と共同プロジェクトとして、この作品が出来上がったら、“我が二十代に、一片の悔い無 し“です。

ということで、最後に星野道夫さんの著書よりふたつ。

“ Life is what happens to you while you are making other plans.“

“大切なことは出発することだった。“

たまにOTOSHIMAE通信 します。自分自身、色々忘れないためにも。素敵な出会いに感謝しつつ、このまま突き進みます。

後藤 悠樹
[PR]
by harukyung | 2014-04-18 19:06 | PROJECT“OTOSHIMAE
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
新しいwebサイト
at 2017-11-25 22:38
あをば荘
at 2017-08-22 10:11
PROJ3ECT“OTOSH..
at 2017-08-14 01:46
NHK
at 2017-02-25 22:01
チュコト半島→日本
at 2016-09-02 15:32
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧