FROM MY BOTH HANDS


写真家 後藤悠樹のブログ http://goto-haruki.com/ サイト内の写真などは無断転載転用絶対禁止です
by harukyung
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:フォトストーリー( 4 )

南名好×シェブーニナ

家の前で、おばちゃんと息子さんと巨大犬ジェイクと記念に一枚。2013年3月
b0211294_22242055.jpg


この小さい村に住み始めて50年。

今では誰よりも古株。

以前は賑やかだった村も、今では廃墟や廃屋が目立ち、もう数十年たてば、住民が容易に住んでいられる環境ではなくなるのではないでしょうか。

泊めてもらいながら、撮影させていただいたにも関わらず、ご飯も愛情もたっぷりもらって、帰ってきました。

日本に帰ったら、お母さんとおばあちゃんにこんなバーブシカ(おばあちゃん)いたよーと伝えてね!とのこと。

帰りの際には運賃渡そうとしてくれたけど、必死に断りましたよ!


南サハリンは1905年から1945年までは日本だった。

だからこの土地は、現在のところ、旧日本ということでもある。
日本で販売されている地図では、統治国家が不確定な、空白の土地。ここは以前より統治する国がころころ変わってきた土地で、歴史の教科書にも数行しか記載されていない。

その数行に生きる人たちを同じ日本人として、歴史や国家といった、大きな目線ではなく、私一人の、個人としての、目線で、眼に焼き付けたかったのでした。

予定はないけれど、いつか、お嫁さん連れていくね!と約束してきました。

ちなみにこの村の全景写真が、今回の新宿・大阪ニコンサロンでの案内ハガキになっております。
[PR]
by harukyung | 2013-08-31 22:25 | フォトストーリー

ホルムスク

サハリンの西海岸に面する街、ホルムスク。今から65年前までここは真岡と呼ばれていた。かつて樺太第二の都市であったこの街にはもう、日本時代を感じさせるようなものはほとんど何も残っていない。
ある時、この街で一人の男性と話していた。
b0211294_1105513.jpg


See more
[PR]
by harukyung | 2011-06-21 01:11 | フォトストーリー

トマリ

「私はトマリの土になります。」

そういった一人の日本人女性がいる。
彼女の名前はよしこさん、もう86歳になる彼女はこの人口5300人程の小さな町で育ち、
日本からソビエト、そしてロシアへと国が変わった今でもこの町で暮らしている。

b0211294_135196.jpg

トマリは州都であるユジノサハリンスクより列車で4時間のところにある。私がこの町を訪れたのは、2009年2月のこと。まだ雪が吹き荒れていた。ホテルの無いこの町ではよしこさん宅に何日かお世話になった。

See more
[PR]
by harukyung | 2011-06-21 01:06 | フォトストーリー

①世代、もしくは歴史

サハリン各地の博物館には、樺太時代のコーナーがある。

展示されているものは、樺太時代の食器や、薬の瓶などの日用品。

それらは、現在私たちが使用しているものと大差ない。

ひょっとしたらかつての持ち主は、未だ日本のどこかで生きているのかもしれない。

欠けた茶碗の前には、ロシア語でのキャプションがつき、乾燥のためか、少し波打ってみえる。
b0211294_18393489.jpg


See more
[PR]
by harukyung | 2011-05-27 18:41 | フォトストーリー
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
新しいwebサイト
at 2017-11-25 22:38
あをば荘
at 2017-08-22 10:11
PROJ3ECT“OTOSH..
at 2017-08-14 01:46
NHK
at 2017-02-25 22:01
チュコト半島→日本
at 2016-09-02 15:32
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧