FROM MY BOTH HANDS


写真家 後藤悠樹のブログ http://goto-haruki.com/ サイト内の写真などは無断転載転用絶対禁止です
by harukyung
プロフィールを見る
画像一覧

NHK

NHK札幌の松本さんによるサハリン関連番組です。
被写体に寄り添うようなスタイルで彼らも安心感があったと思います。
内容は、日本とサハリンで生き別れ、昨年やっと一同に集うことが出来た、10人兄弟の話です。親と子と兄弟、コンパクトな30分番組ですが流れるように進んでいきます。
http://www4.nhk.or.jp/next-mi…/x/2017-02-25/…/20223/2075081/

すいません、今日の夕方放送でして、2月28日 午前1時30分(深夜)に再放送です。私は、兄弟の写真を提供致しました。ちょっぴり撮影の様子も出てます。
[PR]
# by harukyung | 2017-02-25 22:01 | お知らせ

チュコト半島→日本

先日帰国して本日は休み。短パンTシャツ、サンダルで自転車を漕いでいると、しっとりとした柔らかい風が身体を抜けていく。
b0211294_15302762.jpg

チュコト半島にいた時は、東京の冬の服装。気温が低く、風も強く吹いて乾燥していた。
あそこにいた時間は現実感がなくて幻のように思えるけど、ちゃんと写真が残っている。
ベーリング海とジリスちゃん。
[PR]
# by harukyung | 2016-09-02 15:32 | いろいろ

チュコト半島にて。

b0211294_22122157.png
b0211294_22102669.jpg

海外に行く時はいつも星野さんの本を持っていく。没後20年の今、星野さんの写真展が松屋銀座で開催されています。私も帰ったら観に行きます。そしてなぜ私がチュコト半島に来たのか、それは運命の巡り合わせ。そのうちにまた。
b0211294_22114435.png

[PR]
# by harukyung | 2016-08-25 22:13 | いろいろ

永住者のための共同墓所

ところで、5月13日には札幌でサハリン永住者のための共同墓所の落成式がありました。この墓所が出来る前は、永住者が日本で亡くなった際、残されたご家族の経済的な状況や、日本には身寄りがないなどの様々な問題でご遺骨が再びサハリンへ戻ってしまう場合がありました。

そこで、日本サハリン協会は約1年前にこのプロジェクトを立ち上げ、ついに完成させました。(全額寄付で!)
b0211294_2221686.jpg

b0211294_2224068.jpg

b0211294_2234313.jpg
b0211294_2232097.jpg

b0211294_223092.jpg


この日は北海道知事やたくさんのご来賓の方々がいらっしゃり、取材陣も多かったです。

碑の上部には日本とサハリンを繋ぐイメージで、青い石がはめ込まれ、この日は快晴の中、カモメが悠々と飛んでいるようでした。製作していただいた札幌の山崎石材工業株式会社の山崎さんもとても頼もしく素敵な方でした。永住者の皆さんも、この方に製作していただいて嬉しいだろうなーと、思いました。

そして下部には寄付した方々のお名前があり、私もご無沙汰している方々とお名前だけで再会。嬉しいなー。で、ちゃんと私の名前も載ってます。札幌はなかなか遠いですが、賛同者の責任だから、たまに訪れたいと思います。

今後30年間の管理費は支払済ですが、その後の運営費はまだまだ募集中なので、もしご興味ある方は日本サハリン協会へご連絡くださいませ。ではでは。

それにしても、いい式でした。
[PR]
# by harukyung | 2016-05-24 22:07 | お知らせ

PROJECT“OTOSHIMAE“#12


少し前に本が出来ました。
http://www.koubunken.co.jp/book/b221981.html
この本は、北海道大学大学院の玄先生とパイチャゼ先生とともに、サハリンらしく日韓ロの三人で取り組みました。
b0211294_23334391.jpg



内容は、日本、サハリン、韓国に住む10の家族のライフストーリと、玄先生による歴史的背景の解説があります。少し硬い内容ですが、頭の中に朝鮮半島と日本とサハリンをイメージしながら読んでみてください。そこには、私達の持つ文化や国籍、そして国境というのイメージを超えて、しなやかなに生きてゆく強さを感じられることと思います。

この共同プロジェクトは、札幌での写真展で行ったサハリントークがきっかけとなり生まれ、それから約二年間、三人で(時にはチビッ子二人含めて五人で)札幌、サハリン、韓国とともに巡り、ようやくこうして一つの形となりました。お二人とのお仕事で私もぐんぐんと成長出来ました。あの時、なーんにもない私と組んでいただいた、お二人に感謝です。

そして、この本では私は書いていませんが、かねてからの”落とし前プロジェクト”は文章と写真ともに、あるドキュメンタリの賞に募集しました。夏前には結果が分かりますよ!

そしてもう一つお知らせ。私はこの夏再びサハリンに行き、そこで数日過ごした後に大陸へ渡ります。壮大な新しいプロジェクトが始まります。サハリンに初めて行ったのも20歳の時でした。そしてこのプロジェクトも30歳の今、始まります。

後藤 悠樹
[PR]
# by harukyung | 2016-04-20 23:35 | PROJECT“OTOSHIMAE
カテゴリ
全体
PROJECT“OTOSHIMAE
お知らせ
写真展
フォトストーリー
サハリンだしの会
いろいろ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
NHK
at 2017-02-25 22:01
チュコト半島→日本
at 2016-09-02 15:32
チュコト半島にて。
at 2016-08-25 22:13
永住者のための共同墓所
at 2016-05-24 22:07
PROJECT“OTOSHI..
at 2016-04-20 23:35
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧